着物

2017.07.27

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

↑「これで巾着を作ってほしい」と、知り合いに着物を渡され、
それをキレイにほどき、アイロンをかけ、
ラップの芯に巻いたものです。

和服をほどいていると
仕立ての丁寧さに触れることが出来ます。

全部手縫いで仕立ててあり、
袖下の止まりの位置は特に頑丈に縫い留められていて、
生地を痛めないように糸だけを切るのがなかなか大変でした。

なみ縫いも、途中糸が抜けないように所々返し縫いがしてあって、
一気に糸を抜くということが出来ず、
少しずつ糸を切り、糸を抜き、
着物を1枚の布に戻して行く作業だけで、
かなりの時間を費やしました。

実際に着物を仕立てる際には
この何十倍という時間をかけて丁寧に仕立てたのだろうと考えると
ほどくのがちょっともったい気もしますが
タンスで眠らせておくにはもったいないので、
これから日常に使える小物に甦らせてあげたいと思います。

レディブティック編集部ユキミ