フレアスカート

2018.05.30 ハンドメイド

全国的に今日は雨。これからまもなく梅雨になりますね。
雨がやんだら着たい服をチクチクと縫っているところです。
レディブティック編集のお仕事でも生地に触れたり、切ったり縫ったりという作業
はもちろんありますが、週末も私用で縫い物をしたりして(笑)

今回は日暮里にある「服地のアライ」さんで出会った素敵な花柄のグログラン地を
たっぷり使ってロング丈のフレアスカートを作りました。
艶やか〜

 

スカートの裾はみなさん、いつもどのようにして縫っていますか?
裾広がりのスカートだと裾の生地をできあがりのラインに沿って折りあげると
カーブしていたり裾先のほうが長かったりで上手に折り上げるのが難しいですよね。

これの解決法ですが、服飾学校で習ったのはタックを入れたり、普通ミシンでザックリ縫って
糸を引っ張ってギャザーを入れたり・・・というものでした。

今回、端の縁かがりをしながら裾上げをしやすくする方法を発見!
ベビーロックさんのロックミシンを使いました。


こちらのロックミシンには「差動送り」という、生地を伸ばしながら縫ったり
縮ませながら縫ったりすることができる機能があります。
今回は生地を縮ませながら裾を縁かがり(オーバーロックです。差動送りの数字は今回は一番縮む“2”に設定)。
縮ませたことにより、裾先の長さが縮まります。
そのままできあがりのラインで折ってアイロンをすると、、
なんということでしょう。タックを寄せなくても、直線ミシンでギャザーを寄せなくても、
カーブしている裾を簡単に、キレイに裾上げができる・・・!
あとは直線ミシンでステッチするだけ。

 

長年スカート裾の始末に苦労していたので、ちょっと感動・・・

生地にもよると思いますが、お試しあれ!