レディブティック2020年11月号

レディブティック2020年11月号

定価 950円(税込)/ 2020年10月07日発売 仕様を見る

●とじこみ付録 “端境期"に役立つ 着回し力のある服●イラスト解説付 袖つけなし、裏なし「簡単羽織りもの」 ●かこみ製図で作る エフォートレススタイル●大島紬の着物をリメイク●グレーヘアに似合うトップス●こだわりエコバッグ●マスクケースを作ろう! 他

本格的に寒くなる前に
手作りの服で冬支度

秋から冬へと移り変わる11月。朝晩と日中の寒暖差で何を着たらいいか悩む、そんな“端境期”にちょうどいい服を紹介している今月号。季節の変わり目に役立つ「ジャケット」や「袖付けなしで作れるアウター」。今シーズンのトレンドである「コーデュロイ」や「チェック」の服、頑張りすぎないおしゃれが今どき「エフォートレスファッション」などの注目のスタイル。
また上手な“色”の取り入れ方を提案する「色を味方にしたおしゃれ」、「ベージュ&グレー 垢抜けカラーコーディネート術」といったおしゃれに役立つ企画も満載。ほか、使えばわかるいいとこ取りの「エコバッグ」や「マスクケース」など、編集部のこだわりが詰まった一冊になっています。

大島紬を素敵にリメイク

独特な色合いとモダンな模様で、リメイクする素材として人気の高い大島紬の着物。11月号の「着物のリメイク」はそんな大島紬をピックアップ。着物の持ち味を生かしたデザインで、洋服として甦らせてみませんか?

季節の変わり目。装いに悩んだら・・・

アパレル業界では秋物と冬物の間や、冬物と春物といった季節の合間の時期を“端境期(はざかいき)”と言います。今月の実物大の型紙付き企画は、何を着たらいいか迷う“端境期”に頼れる服を提案。参考になる着回し例も紹介しています。

ソーイングビギナーでも絶対作れるアウター

苦手な人も多い袖の製図や袖付けをしなくても作れるよう、デザインに工夫を凝らしたアウターを紹介しています。縫い方はイラストで丁寧に解説しているので、ソーイングビギナーの方も気軽に挑戦してみてくださいね。


おうち時間応援!定期購読キャンペーン(~2020/11/30まで)

期間限定!2020/11/30まで!
月額払いのお申し込みで、最初の2号半額!
毎号、お客様の元へお届けします。
毎月7日発売、年間12冊、
ご希望のお客様は富士山マガジンサービスまで、直接お申込みください。

●レディブティックを10倍賢く活用する
「製図の引き方ハンドブック」好評発売中!
https://www.boutique-sha.co.jp/boutiqueblog/20537/
購入はこちらから→Sewing Pattern Studio