児童向け(アニメ絵本)の書籍一覧

  • ピノキオ

    定価419円(税込) / シリーズNo:A45 / 1989年12月11日発売

    イタリアの作家コルローディは『ある操り人形のお話』を当時の子供新聞に連載して子供達の人気を集めました。その後、加筆を繰り返して現在のピノキオが生まれました。

  • たから島

    定価419円(税込) / シリーズNo:A46 / 1989年12月11日発売

    「宝島」は1881年にイギリスのスティーブンソンが発表した作品です。彼にとって代表作であるこの作品は、同時に少年文学の最高峰としても世界中で親しまれてきました。

  • アラジンとまほうのランプ

    定価419円(税込) / シリーズNo:A41 / 1989年10月24日発売

    アラジンと魔法のランプはアラビアンナイトのお話の一つです。アラビアンナイトは、ササン朝ペルシア時代から語り継がれ、以来世界中で読み続けられてきました。

  • はだかの王さま

    定価419円(税込) / シリーズNo:A42 / 1989年10月24日発売

    「はだかの王様」はアンデルセンの創作童話の中でも 特に風刺性が強い作品です。滑稽な行列と愚かな大人達を「王様は裸だよ」子供の純粋な一言がわらいとばします。

  • ジャックとまめの木

    定価419円(税込) / シリーズNo:A39 / 1989年10月04日発売

    「ジャックと豆の木」はイギリスに伝わる有名な民話を、民族学者のジェイコブズが編纂したものです。彼の作品には、この他有名なもので「三びきの子ぶた」などがあります。

  • オズのオズマひめ

    定価419円(税込) / シリーズNo:A40 / 1989年10月04日発売

    オズの魔法使いを発表した後、作者のもとには子供達から多くの手紙が寄せられました。小さな読書達の夢を叶えるために書かれたシリーズの三作目がこの作品です。

  • 白鳥の王子

    定価419円(税込) / シリーズNo:A37 / 1989年09月21日発売

    アンデルセンの童話が日本で訳されてから百年以上がたちました。その間に多くの子供達が大人になりましたが幼い頃に読んだ夢や希望は今でも心の中に残っています。

  • ヘンゼルとグレーテル

    定価419円(税込) / シリーズNo:A38 / 1989年09月21日発売

    ヘンゼルとグレーテルはグリム童話の一つです。童話集を編纂したグリム兄弟は、童話集のほかに「ドイツ神話学」などと多くの分野で名著を残しています。

  • オズのまほうつかい

    定価419円(税込) / シリーズNo:A34 / 1989年08月29日発売

    作者バームは、アメリカらしい童話を創りたいと願いこの作品を発表しました。一九〇〇年に出版し、翌々年にはミュージカルで上演されて大成功を収めています。

  • ブレーメンのおんがくたい

    定価419円(税込) / シリーズNo:A35 / 1989年08月29日発売

    この作品はグリム童話集の中の一遍です。編者であるグリム兄弟は、兄をヤーコップ 弟をヴェルヘルムといい、二人で力を合わせて「グリム童話集」を完成させました。