児童向けの書籍一覧

  • フランダースの犬

    定価411円(税込) / シリーズNo:A52 / 1990年03月12日発売

    フランドル地方(現在のベルギー)を舞台にした、少年と老犬の美しくも悲しい物語です。作者ウィーダはイギリスの女性で、他にも多数の児童文学作品を残しています。

  • ももたろう

    定価411円(税込) / シリーズNo:A50 / 1990年02月06日発売

    桃から生まれた元気な男の子が犬と猿と雉を従え、鬼ヶ島へ鬼退治に出かけます。ももたろうさんももたろうさん♪の童謡でも有名な日本を代表する物語の一つです。

  • あしながおじさん

    定価411円(税込) / シリーズNo:A51 / 1990年02月06日発売

    ウェブスターは慈善家で、孤児院を視察したり社会事業に力を注いだ女性でした。「あしながおじさん」をはじめ、彼女の作品にはそういう題材が多く取入れられています。

  • 赤毛のアン

    定価411円(税込) / シリーズNo:A47 / 1990年01月18日発売

    「赤毛のアン」は、カナダのプリンスエドワード島を舞台に少女アンの成長を描いた物語です。1908年に発表されて以来、アンは世界中の少女達に愛され続けてきました。

  • ふしぎの国のアリス

    定価411円(税込) / シリーズNo:A48 / 1990年01月18日発売

    作者ルイス・キャロルは、オックスフォード大学の数学の教授でした。「不思議の国のアリス」では全く専門外の才能を発揮して、児童文学界に大きな貢献を果たしました。

  • みつばちマーヤ

    定価411円(税込) / シリーズNo:A43 / 1989年12月11日発売

    「みちばちマーヤ」は、ドイツの作家ボンゼルスが1912年に発表したものです。花や虫の世界がいきいきと描き出されたこの作品は、世界中で翻訳され人気を集めました。

  • おむすびころりん

    定価411円(税込) / シリーズNo:A44 / 1989年12月11日発売

    「おむすびころりん」は、「ねずみ浄土」とも呼ばれ、古くから日本各地に語り継がれてきた民話です。ころころ転がるおむすびのお話は、多くの子供達に親しまれてきました。

  • ピノキオ

    定価411円(税込) / シリーズNo:A45 / 1989年12月11日発売

    イタリアの作家コルローディは『ある操り人形のお話』を当時の子供新聞に連載して子供達の人気を集めました。その後、加筆を繰り返して現在のピノキオが生まれました。

  • たから島

    定価411円(税込) / シリーズNo:A46 / 1989年12月11日発売

    「宝島」は1881年にイギリスのスティーブンソンが発表した作品です。彼にとって代表作であるこの作品は、同時に少年文学の最高峰としても世界中で親しまれてきました。

  • アラジンとまほうのランプ

    定価411円(税込) / シリーズNo:A41 / 1989年10月24日発売

    アラジンと魔法のランプはアラビアンナイトのお話の一つです。アラビアンナイトは、ササン朝ペルシア時代から語り継がれ、以来世界中で読み続けられてきました。