児童向け(アニメ絵本)の書籍一覧

  • 白鳥のみずうみ

    定価419円(税込) / シリーズNo:A22 / 1989年05月17日発売

    「白鳥のみずうみ」は、ロシアのベギチェフとゲルツァーが二人でかいたバレエの台本です。舞台はチャイコフスキーの美しく物悲しい調べにのって展開していきます。

  • 青い鳥

    定価419円(税込) / シリーズNo:A23 / 1989年05月17日発売

    作者メーテルリンクは、人形芝居を通して自分の考えを表現しようと、多くの戯曲を書いています。「青い鳥」は、その中の代表的な作品で1908年に書かれたものです。

  • くるみわり人形

    定価419円(税込) / シリーズNo:A25 / 1989年05月17日発売

    作者ホフマンは、判事のかたわら芸術にも力を注ぎました。「くるみわり人形」は、チャイコフスキーによって曲がつけられ、バレエ作品としても親しまれています。

  • おやゆびひめ

    定価419円(税込) / シリーズNo:A16 / 1989年04月12日発売

    「おやゆびひめ」は、自然の美しさと厳しさを背景にした、かわいらしくユーモラスな作品です。1836年に出たアンデルセン童話「第二集」に収められています。

  • ねむりの森のひめ

    定価419円(税込) / シリーズNo:A17 / 1989年04月12日発売

    「ねむりの森のひめ」は、もともと昔話だったのを、作者シャルルペローが脚色しまとめた作品です。1697年に出版された「おとぎ話集」に収められています。

  • シンデレラ

    定価419円(税込) / シリーズNo:A18 / 1989年04月12日発売

    「シンデレラ」は、1697年にシャルル・ペローが出した「おとぎ話集」の中の一篇です。描写がたいへん美しく、この作品をもとにオペラやバレエもつくられました。

  • みにくいあひるの子

    定価419円(税込) / シリーズNo:A19 / 1989年04月12日発売

    「みにくいあひるの子」は、苦労を重ね、やがて幸福を得たアンデルセンの生涯そのものといえるのでしょう。情緒的な美しい流れが、より一層の感動を与えてくれます。

  • そんごくう

    定価419円(税込) / シリーズNo:A20 / 1989年04月12日発売

    「そんごくう」は、呉承恩の「西遊記」がもとになっています。三蔵法師がお経を求め、インドへ旅をするという実話に、説話が加えられ、痛快なお話となっています。

  • しらゆきひめ

    定価419円(税込) / シリーズNo:A11 / 1989年02月13日発売

    グリム兄弟は、ドイツに伝わる民話をあつめ、グリム童話集をつくりました。「しらゆき姫」は、その中におさめられている、もっとも有名なお話の一つです。

  • ピーターパン

    定価419円(税込) / シリーズNo:A12 / 1989年02月13日発売

    夢と冒険にあふれる「ピーターパン」は、“いつまでも子供の心を持ちつづけたい”という、作者ジエームズ・バリーの願いがこめられた楽しいお話です。